一休み

         父兄の皆様 三連休お疲れ様でした拍手
          いつものお取り計らいに感謝いたします。
 

 選手諸君は大好きな野球が3日も続けてやる事ができよかったですね!有意義な3日間でしたか??

 大会が終わったからと言って一服している暇はありません。あなた達は後何年硬式野球をすることが出来るでしょうか??早い者であと3年しか時間は無いのです。(甲子園球児も6割が大学や社会人になって硬式野球ができなくなります。)立ち止まっている暇はあなた達にはありません。

 いつも前を見て前進あるのみ、”一球入魂無他念”考えている時間はありません。物事に集中して魂を入れて何も考えずに突き進むのです。

 
我々の心は一つです!反省は我々が一つになってするものです。野球はチームでするスポーツのなかでも素晴らしいスポーツの一つです。皆同じ目線で反省し、そして改善することで「粘りの神戸西」と言われるような素晴らしいチームに一歩一歩近付いて行くのです。 
 反省は皆でしよう!!一人の時はいつも前向きに”努力””努力””集中””集中”

「さあやるぞ!!」逆境に強く切り替えを早くできる事も「粘り」の中の一つです。


            さあ行こう! さあ行こう!


心構えと粘り

土日はお疲れ様!!

さて、君達見ていると「粘り」がないねー下向き下向き下向き

まずは心構えが悪すぎます! 「粘り」とは「辛抱」「我慢」から生まれると言っても過言ではありません。少々の事は監督が言うまでもなく「辛抱」「我慢」してやり抜かなくては道は開けません!

「緩めて」上げたり「甘く」「優しく」してあげる事は監督にとっても非常に楽な事です。しかし、我々は「野球道」の中で共に「男」を磨く為に日々努力・練習しているのではなかったでしょうか??
監督自身も君達から学ぶ事が日々あります。共に「イイ男」になれる様「自分に厳しく」いつも高いテンションで「男」を磨きましょう!

 話しは変わりますが、今朝の新聞に豊田大谷高校の秋季大会の出場が差し止めになった旨の記事を目にしました。私も「師」と仰ぐ佐竹先生が監督されている関係でコメントさせて頂きます。

 私は「部内暴力」「体罰」の奨励者ではありませんが、部則等クラブ活動する中で各々が取り決めたルールを口頭で注意したにもかかわらず改善する態度が見受けられなかった場合は程度によりますが、軽度の「体罰」は必要ではないかと思います。その場で「退部」させてしまう事は簡単ですが、それではあまりにも「人情」「愛情」に掛けるのではないでしょうか?高校生のすることですので「愛情」まで考えたかはわかりませんが・・・・・

 時効でしょうからお話ししますが私も厳しく諸先輩方々に躾された一人ですが今では大変感謝してます。また美味しいお酒も共に酌み交わし思い出話にはなを咲かせる良き「友人」にもなっています。

     「小事に小言言いますと若者の将来(大事)が歪められます」

            寛容な処分切望します。      

       出直し頑張れ!豊田大谷高校野球部!!!!


    一球入魂無他念 集中して日々生活し粘りのある男になろう!!!!

一球入魂無他念

 岡山お別れ大会皆様ご苦労様でした。また関係各位に於かれましては私共のような歴史もなく弱小のチームを立派なグランドで、しかも4試合もプレーさせて頂きました事心より感謝申し上げます。子供達も良き思い出、また今後の野球人生の良き糧になった事と思います。今後共変わらぬ御鞭撻賜りますよう文章で甚だ僭越では御座いますが宜しくお願い致します。

さて、三年生はこれで一区切り付きましたね!ここで二、三小言と思わずに聞いて下さい。

 野球とはどんな状況にあっても組織作業であり、組織が勝利する為に全ての動作が行われます。
それには、全力で、また120%のパフォーマンスで個々が動作し、それがチーム全てのプレーヤー(我がチームにいる全ての選手)に浸透し組織が出来上がります。


 どんなゲームでも特別なゲームなどありません。そう言う意味ではまだまだ子供が抜けきれていなかった事は非常に残念です。いつも熱くクレバーな選手になれる様続けて精神面も鍛えて行こう!!
 また、いつも口やかましく言っていますが野球選手はいつも全力プレー、100%のパフォーマンスがフィールドで出来ないとプレーヤーとは言えないことが未だ理解してもらえていない三年生が居たことも併せて残念でした。

 監督がいちいち小言言ってから「はい」「はい」はもう止めないと成長しないぞ!!!


 神戸西の選手は監督がプレゼントした「一球入魂無他念」と言う素晴らしい言葉の意味をよく理解して、いつも「同じテンション」で「集中」して物事に取り組む事忘れてはなりません。


 最後に三年生はこれからの半年間非常に重要です。いつも話しているように高校野球で終わることなく、大学、社会人、プロと木製バットと硬球で野球が出来るよう頑張りなさい。それなりの指導はさせて貰っているとコーチングスタッフも一同自負しています。
気持ちが切れることなく最後まで立派にやり遂げましょう!!!!!!!!!!


では、夜間練習でお会いしましょう

一球入魂無他念と粘りの野球

週末はお疲れ様!

さて、皆さんは野球人である前に一人の人間として生活しています。
さらに、家族の一員として生活し中学生として活動しています。野球はあくまでもその上であなた方が進んで参加しているのであって強制ではありません。

ここで何が言いたいか!??

まず、人として「約束」は守ろうという事、そして二つ目は「男」は契約書より口の約束が大事であるという事です。口約束を守らないという事は約束した人と「男」としての人間関係が「ゼロ」になることを意味します。皆さんは「縁」あって我がチームの一員となりました。もっと「男」を磨こうぜ 悲しすぎるぞ!
野球の上手い下手も勿論大事です。がしかし我がチームはグランド内は全力でプレーする事、節度ある礼儀・礼節が重んじられる事、そして感謝の気持ちを常に持ち続ける事等などの「良き野球道」を通じ「男」を磨く場ではなかったでしょうか?原点に戻らないと我がチームの存在価値はゼロです。また「男」を鍛錬する場でないと”一球入魂無他念”の心構え、また”粘りの神戸西”を目指すことなど無理だし、そんなプレーヤーはその資格なしです。

まず、「人」として「男」として原点に返ろう!!!そしてまた”一”から出直そう!!



心構え

当たり前の事になり申し訳ないのですが、野球をする心構えについてお話ししたいと思います。

アドバイス、指導された事については必ず実行し会得しよう!もちろん野球以外の事も!

聞いてわからない人はメモしよう!


以上の事が出来ないと、どこで野球をし、また生活しようとも楽しく過ごせないでしょう。出来てない人は練習に来るよりも自宅で反省し、しっかり実践出来る様になってから練習参加しましょう!

夏休みも後僅か「一球入魂無他念」の精神で勉強に野球に頑張ろう!

野球 大好き??

暑い中 お疲れ様!!

 「野球大好きですか?」と訊かれたらおそらく皆「ハイ!」と答えるでしょうね。
その「好き」はどう言う「好き」なのでしょうか?「野球を見ること?」「野球をレクリエーションとして楽しむこと?」確かにこれらも「野球が好き!」の中に含まれる事は間違いないですし、野球を楽しむ上で何ら問題ないと思います。

 がしかし、いつも話しているように「本気」でプレーヤーになりたいなら「苦しさ」が8割「楽しさ」が2割と思って間違いじゃありません。そうでないと我々が目指す「一流」のプレーヤーにはなれません。またその「苦しさ」の8割の中から「大好き」な野球を8割「楽しさ」に変えることが出来るプレーヤー(楽しんで進んで苦しい練習を楽しくこなせるプレーヤー)が良いプレーヤーになれると言っても過言ではありません。

 体調管理が出来ないプレーヤーは論外です!!
 一球入魂無他念の気持ちで一球を大切に出来ないプレーヤーも論外です!!
 感謝の気持ちを持って全力でプレーできないプレーヤーも論外です!!
 アドバイスをメモを取るなどして注意できないプレーヤーも論外です!!

以上のように日々野球に対して謙虚にまじめに取り組めないプレーヤーはプレーヤーとは言えません。ただの{野球好き}です。大好きな野球すら「愚直」に打ち込めない人間に「何が出来ますか??」

「集中!集中!」「頑張れ!頑張れ!」

    一球入魂無他念 炎の心で燃えてガンバレベースボール
 

粘り

   土日はお疲れ様!    合宿・夜間練習の成果十分発揮出来ましたか??

 さていつも言っている「粘り」ですが、終盤追い上げる事は「粘り」とは言いません。
最後に追いつく事が「粘り」ではなく、平素から一球一球に集中して最初から最後まで同じ高いテンションを維持する事が我がチームで言う「粘り」となります。

 あなた方は、まだプレーが「軽い」です。一球一球のボールに対しての「重み」が足りません。「重み」イコールあなた方の野球に取り組む姿勢の「重み」です。

 「集中!集中!」声に出して言いましょう!!!

 そして「積極性をもって燃える心」と「粘り」を胸に秘めて!!!

           戦うアスリートの集団になろう!!

粘りと集中

暑い中先週もご苦労様でした。
また父母会の皆様方美味しいバーバーキューありがとうございました。いつものお取り計らいに感謝いたします。

さて、我がチームの先週からの目標「グランド内はインプレーか否かに関わらず全力疾走またもちろんの事オーバーラン等のプレーもしっかりと次の塁を狙う積極的な物にしよう!!」できる様になりましたか??

残念ながら監督の目から見ると「目が当てられない」状況です。野球をやる上で全力疾走は基本中の基本です。君達が思うより傍から見ると全力疾走しないことは本当に「見苦しい」の一言です。大学・社会人そしてプロと上のレベルに行けば行くほど全力疾走が徹底して行われています。(プロ野球のベテランと言われる高年俸の一部選手、投げる事が本職の投手は除く)

いつも話しさせてもらってますが、我がクラブは基本的には強弱関係なしに「高校野球で頑張る子」「もっともっとハイレベルの野球を学びたい子」の集団ではなかったでしょうか?初心に戻りよく思い起こしてください。「アスリート」にならないと!!!

根気よく待ちます。いつも100%のプレーができる事と100%のパフォーマンスする為の体調管理が自分で出来る様になる日が来る事を・・・・・・・・・・・・・・・


自分達が自分達の為にやっている野球ではないですか!!!!
自分のことを自分で守り、そして全力で責任感を持ってプレーする事!
      必ず出来ます!

それは貴方が「一球入魂無他念」の気力溢れる「粘りの神戸西」の選手だからです

合宿

三連休お疲れ様!
また父母会の皆様連日に渡りまして御協力有難う御座いました。

猛暑の中、三日間お疲れ様。
いつも話しているように我慢して耐えることで粘りと集中力が生まれます。
たまには褒めておきます。「よく頑張りましたチョキ

しかしながら通常の練習が出来なかった子、またさせて貰えなかった子、居たと思いますが何かしら原因があっての事だと思います。痛めている所がある選手また体力的についていけていない選手は至急体のケアーまた基礎体力作りのトレーニングをしないといけません。人に言われる前に自分で考えて行動に移しなさい。
また通常練習に参加している諸君も野球の基礎的な流れを早く会得しないと良い選手にはなれません。

全てにおいてまだまだ「初めの第一歩」です。ここでもう一度くるりんネジくるりんを巻きなおして”粘りの神戸西”と言われるようになる様「一球入魂無他念」いつも集中して野球に勉強に頑張ろう!

続 粘り

土日は暑い中お疲れ様!
またご父兄各位に於かれましても猛暑の中お疲れ様でございました。


さて、「粘り」については先週来話しさせてもらっていますが、あまり理解してもらえていない様ですので改めて話しさせてもらいます。

ここで再確認したいのは「やらされ」型では決して「粘り」を練習から生む事はできません。進んで前向きに物事に取り組み、そしてそれに関わる方々への感謝の気持ち更に辛抱に辛抱を重ねて一つの事をやり終えた達成感から「粘り」が生まれます。
昨日ミーティングでも話しさせてもらった様に”これだけ辛抱してやったんだから負けられるか!!”と言う気持ちが「自信」を生み、そして「粘り」に通じて来ます。

これは、あなた方の野球人生ばかりでなく生き方そのものを良い方向に向かわせる重要な要素の一つです。是非、神戸西でその事学んで卒部していって下さい。


一球入魂無他念 集中力→「粘り」が生まれる。集中集中集中!!!



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 一球入魂 無他念 コツコツやる事の大切さ!!
    前橋&#127800;富澤
  • 一球入魂 無他念  初心に帰る・・・・
  • 一球入魂 無他念  初心に帰る・・・・
    ARROWS−T

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM