一球入魂 無他念 成長・・・

週末の岡山遠征はお疲れ様!

残念ながら、3位という結果でした・・・

「 おめでとう 」 のお声掛けを頂いた方々もいらっしゃいましたが
監督は悔しい気持ちで一杯です!

監督は現役時代、野球という素晴らしいスポーツで本当に多くを学ばせて頂きました。
ミーティングでもお話させて頂きましたが、 「 いつも一番を目指して努力する 」
事が尊い事なのです。
叶わなければ 「 努力の仕方が悪かった 」 「 努力が足らなかった 」 いずれかか
”” 両方 ””です。
監督は、いつもどんなにヘタクソな選手にも経験させたい事が ” ひとつだけ ” あります。
それは・・・

「 勝って人様に見られることの辛さ 」
「 一番になって追いかけられる事の恐怖 」 

この二つです。これは ” 一番にならないと経験できない ” のです。
「 見られることの辛さ 」 は 「 神戸西 」 の選手諸君は ”道理を守り ” ” 仁義に生きる ”
という 「「 大目標 」」 があるので、よく理解できると思います。
お前達は、「 競争が駄目な時代の学生 」 なので、追い抜かれる事の 「 怖さ 」は薄いのかもしれませんが、勝負に平等はありません!!
「 恐怖を感じる 」 事は本当の ”プライド ” になるのです。
男はね ”” プライドを守るために生きる ”” のですよ! そういう生き方をお前達に監督は望みます!
これがなくなったら、 ”” イイ男 ”” になる事はないと思います。

「 神戸西 」 の厳しい ”道理 ” と ” 修行 ” をやり抜いて 「 プライド 」 には
して欲しいと思っていますが、もうひとつ向こう側の世界をお前たちには ”” 見て欲しいのです ””

          ””” 景色が全然違います ”””

追いかけている時は、人は結構頑張れるものです! でもね、人に背中を見せて 

「 ダメになるヤツ 」
「 大きく成長するヤツ 」

います。 お前達は是非 「 大きく成長する勝利者 」 なりなさい。監督も応援しています!!


一球入魂 他念無し
一瞬一生
今日を、今を、一生懸命に生きよう!!


追伸
本文中でも申しましたが、本当に悔しい結果となりました。

ただ私には、大きなひとつの収穫があったのです。本人に言って上げれば良いのでしょうが、
少々照れくさいのでこの場をお借りして・・・

私は 「 三位決定戦 」 あまり好きではありません・・・
一番でなければ勝負事は意味がないを思っている人間だからです。
三番目を争う勝負で熱く燃える事が難しい人間なのです・・・ ( 小生も修行不足です )

しかし、今回負けている状況で終盤に来た時に山崎から

「 頼むぞ! 」 という声が出て、続いてベンチから大きく、たくさん出た事です。

もう何年も聞いていなかったように思います・・・

私が高校生の時、 「 頼むぞ! 」 という声が
ベンチを行き交うのが普通でした・・・それは、我々全員が ”” 甲子園 ”” をいう大目標が
あったからです。だから 「 お願い!! 」 「 頼む!!! 」 となったと思います。

今の神戸西のベンチは、昔の様に 「 闘志一杯 」 「 一生懸命 」 に声が出るチームでは
残念ながら ” なくなっています ”
私の指導力不足だと思いますが、監督の私が一生懸命に声を出す 「 少年野球チーム 」 に成り下がっていて
試合をするたびに 「 情けない 」 気持ちになっていました。

でも昨日の山崎の所作、成長で一旦締めくくるには、今の私には十分すぎるくらいの感慨深い試合となりました。

ベンチでの言動や思いやり溢れる行動を横目で見ていました。彼の大きな成長を感じずにはおれず
私の気持ちを大きく動かしてくれたのです。最後の代打攻勢は私の中では考えては、いなかったことです。

そして、ホームインして帰ってきた選手に 「 ありがとう! 」 と声を掛けているのを聞いて
「 あー本当に良かった 」 あの代打攻勢のお陰であんなに気持ちの良い
清清しい気持ちに山崎がしてくれました。「 神戸西イイやん ! 」 と久し振りに思わせてくれたのです。 

まだまだ成長が必要な 「 おませなガキ 」 ですが、これからも彼の成長を厳しく見守りたいと思います。

彼らが残してくれた 「 財産 」 を大いに活かして、昔の様に対戦相手に ” 恐れられる ”
闘志溢れる 「 粘り 」 と 「 根性 」 の 「 神戸西 」 が復活する事を願います。

前回、タイガースカップに出場した年のOHKも三位でした・・・長谷川主将の代です。
その時の三年生諸君の迫力、闘志一杯のベンチ、そして現コーチの紀コーチのご子息の献身的な
所作に感無量であった三位決定戦に劣らず、素晴らしい三位決定戦にしてくれました!
               この秋が、再現となりますように・・・・・

この場を借りて・・・






                「 こちらこそありがとう 」 

一球入魂 無他念 終わりは始まり・・・

週末はお疲れ様!

日曜日は残念な結果でしたが、 「 力負け 」 の感が監督にはあり
「 口惜しい 」 感じはありません。
各々が今持てる力は ” 存分に発揮 ” 出来たと思います。

ただ、 

「 あの程度の力しか今の神戸西にはない 」 

と実感した事は ” 残念 ” であり、一野球人として ” 恥ずかしく ” 
また、監督として「 深く反省 」 しないといけない事実を突きつけられた思いです。

戦前より  ” 不利は承知 ”  の上で望みましたが、 「 あまりの力の差 」 に
少々残念な気持ちは残りました。得点差が実力差であったように思います。

三年生諸君は、残りの10ヶ月が 「 神戸西 」 の真骨頂である ” 最後の大きな成長時期 ”
である事は承知していると思いますが、昨年までの先輩諸君に接したような厳しさで接する事は
本年度より考えておりませんので各々が自覚を持って日々の奉仕活動、学習態度、そして練習に対する
心構えをキチンと持って参加してください。

”” 大きな成長を期待します! ””

 

お世話になりました大津北チームですが、非常に基本がしっかりしておられ選手諸君の所作も
学生野球らしく見習うべき点が多くあったように思います。
守りも非常に鍛えられている感を感じました。是非、関西代表として神宮で一暴れして頂きたいと思います。

今後ですが、監督も昔を思い出して 「 チームを強くするために我武者羅にやります! 」

「 人づくり 」 という大義名分の元、近年は少し ” わが子 ” 目線が強すぎたかもしれません。
これが、 ” 甘え ” の大きな原因ではないかと考えています。近年は 

   ” 強烈な強いメンタル ”


を持った選手も残念ながら ” 多数は育成できていません・・・ ” もう一度 

”” 粘りと根性 ”” の 「 神戸西 」 

を復活させたいと思います。 




一球入魂 他念無し

終わりは始まり いつも全速前進!


追伸
「 監督を男にできずすいません 」 という山崎主将の言葉をもらいましたが
お前達はまだまだ監督のことを心配できるほど成長していません。

「 人の心を動かす事のできる 」 

イイ男へと成長しなさい!!

一球入魂無他念と素直で粘り強い心

 

週末はお疲れ様!!

 

またご父兄に於かれましても週末毎の豪雨にも関わりませずお取り計らいご苦労様です!

 

今日は「素直さ」についてお話しましょう!

 

選手諸君は指導者の方々から「注意されたり」また時には「厳しく躾けされたり」することがありますね。そんな時「素直な心」で注意を受けると「怒られている」から「自分の為アドバイスしてくださっている」に心が変わって行きます・・・・・

 

 

素直とは、曲がった癖がなく、従順で心が正しいことであると辞書には書かれています。

 

 

本当の素直ということは、自分の考え方も正しいかもしれないが、もしかしたら相手の考え方がもっと正しいのかもしれないと思う謙虚さがあることではないでしょうか。

素直な心とは、まさに水のように澄んだ心になって、相手の心も考えながら謙虚に接していくということになるので大きな心というべきなのかもしれません。

 疑いや反感からは相手を見ることは出来ませんが、素直な心になった時には相手の全てが見えて来て楽しくそしておおらかに良い人間関係が築かれます。

 

監督が読書の後にメモを取ります。その中で作者不明で申し訳ないですが大変いい言葉ご紹介しましょう!

 

「心の大きな人は素直さを経験して来た人です。素直さとは美しい謙虚さです。」

 

一球入魂無他念 神戸西の選手諸君は人様に接する時にはいつも謙虚に!そして明るく!礼節を持って!

 

そうすれば「いい男」に一歩一歩近づいていくぞ!!!


一球入魂無他念と積極性

       土日はお疲れ様!!

ご父兄に於かれましても雨にも関わりませずお取り計らいありがとうございました。


さて、今日は積極性についてお話しましょう!

あなた達は今監督をしています。今、目の前に3人の選手がいます。さて、あなた方が監督の立場ならどの選手を結果が出なくても使い続けますか??

バットを振っている選手達がいました。

 ^貎楊椶蓮峺てのとおり言われたからバットを振っているんだよ!」
◆‘鷽楊椶蓮孱騎簑任討襪茲Δ傍綣錣鯀枋蠅靴椴習しているんだよ!」
 三人目は「ここ一番、どんな投手でも打てるように球種を想定して練習しているんだよ!」

あなたが監督だったらどの選手にチャンスをあげますか?

代走を指示した選手達がいました

 ^貎楊椶蓮嵶飮爐垢襪氾椶蕕譴襪らリードは気持ち小さく、単独スチールはアウトになったら怒られるのでやめておこう」
◆‘鷽楊椶蓮崛ってアピールしたいけど、アウトになったら使ってもらえないから、リードはしっかりとるけど走らないでおこう」
 三人目は「せっかくもらったチャンス、アピールするよ!練習どおり初球からゴーしてやるぞ!」

あなたが監督だったらどの選手にチャンスをあげますか?


あなた達と監督と同じです!!

一球入魂無他念 積極性が 粘り強い 戦いの基礎だ !!

1

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 一球入魂 無他念 コツコツやる事の大切さ!!
    前橋&#127800;富澤
  • 一球入魂 無他念  初心に帰る・・・・
  • 一球入魂 無他念  初心に帰る・・・・
    ARROWS−T

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM