一球入魂 無他念 無我夢中・・・

週末はお疲れ様!

本日の表題ですが、 「 一球入魂 無他念 」 「 無我夢中 」
よく似た意味合いを持つ言葉だと思います。

「 我を捨て去り、真っ白な心で、物事を行う 」 そんなところでしょうか・・・

一昨日、昨日のゲームを見させて頂いてお前達に感じる事は・・・ ” 人任せ ”
「 無責任 」 さを強く感じます。
先週の日記にも記しましたが、今風に言うと 「 自己中 」 とでも言うのでしょうか・・・

残った選手諸君にはお話しましたが

「 ボールが来たから打つ 」 のではありません! 「 打つためにボールが来る 」 のです!

「 抑えるためにバッターが立っている 」 のではありません!
「 アウトを増やすためにそこにバッターがいる 」 のです!

「 来たボールを捕ってアウトにするために守っている 」 のではありません!
「 得点を相手に与えないために守っている 」 のです!

来たから打つ、来たから捕る、そこにいるから投げる・・・

             幼稚過ぎます!!!

ゾーンを決めて自分のゾーンにして打ちに行く! 
来るであろう所を守り捕りに行く !
手段を選ばずアウトを取るために投げる !

” ストライク ” の意味は ” そこは打て! ” と言う意味です。
” 野球では野手はどこを守っても ” 構いませんし許されています。
” 三つストライクを取るか、ベースに着く前にタグすれば ” 全てアウトになります。

何事も 「 指示待ち 」 の生活ですっかり 「 指示を待つ 」 習慣が付いてしまって
自分で ” 能動的 ” ” アグレッシブ ” に 

      「 野球を楽しめていない 」

打ちたければ、アンパイヤーにとって 「 ボール 」 であっても

””” 自分でストライクにして打つ! ”””

でイイじゃないですか??

全球捕りたければ 「 予測をしてみて、ポジショニング 」 すればイイじゃないですか???

「 ボールであっても、空振りさせればストライク 」 ではないのですか????

お前達は、夏季練習の成果もあって 「 数段野球は上手くなっています 」
「 力も付いて来ています 」 「 走力も上がって来ています 」

根本的で、一番大切なことが出来ていません。 わかっていません・・・

監督は、お前達の ” 受動的行動 ” はある程度予測は付いていましたが 
「 ちょっとヒドイ・・・ 」 
イヤミも散々言いましたが ” 効果無し ” でした。

少しの光は、一年生諸君でゲームに使っていなかった選手が数名
「 意気に感じてやってくれた事 」 「 アグレッシブにプレーしてくれたところ 」
です! 
入部当時からスタメンを張らせていた一年生は 「 少し勘違い 」 が見えます・・・


監督がお前達に求めるのは・・・

””” 荒々しく、将来性溢れるプレー振り ”””

もちろんチームの勝利が最優先です。 チームの勝利のためにも他の選手諸君にも増して

” 激しく ” ” 荒々しく ” ” 大きく ” 

      ””” ダイナミックなプレー ”””


を今後も期待します! 今一度 「 初々しく 」 
初心に戻り ”” 必死のパッチ ”” で頑張りなさい!!


一球入魂 他念無し
前進前進、また前進 前進あるのみ!



追伸
子供は親からの影響を強く受けています。

親から生きる基本の全てを 「 インプット 」 されるのです。

子供達は親から逃げる事が出来ませんので、親の価値観を 「 受け入れるほかない 」 のです。
良いことも悪い事も、思いの他 「 強くインプット 」 されています。

ご家庭で施して頂きたいのは・・・
(自分で言うのもおかしいのでココからは第三者の言葉という事で)

「 ゲームに使って頂いた事に対する感謝 」
「 ゲームに使って頂いた事に対する責任 」 (ボールボーイや控えの選手がいて初めてゲームが成立します)
「 野球ができる事に対する感謝 」 (子供にお願いをして野球をしてもらっているご家庭は別ですが・・・)
「 上手くいったことに対する感激 」


「 責任を全うできなかった事に対する懺悔と反省 」


 ” 感謝と感激 ” に生きる事を教育して上げてください!

” 感謝と感激 ” に生きる事が出来る人生は、 「 芯から楽しい人生 」
になると確信します!!

最後の文章は、 「 感謝と感激があれば 」 自然と湧き出てくると思います・・・



是非、そういう ” イイ男 ” へ彼らを育んで参りましょう!

     私も全身全霊で頑張ります!! 一緒に感張りましょうね!!!

一球入魂 無他念 気迫!!

週末は、お疲れ様!!

レッドスターカップの初戦ですが無事勝利する事が出来ました。

しかしながら、内容は負けゲームに等しい内容で少々ガッカリなのが本音です、、、、
また、何が何でもやってやる!!という気迫も特に三年生からは一名を除いては、ハツラツとした所も、野球を楽しむ気持ちもあまり伝わって来ませんでした!
今、神戸西は大きく変わる変革期に来ています!その礎になってもらわないと困る諸君達が今の感じだと、やはり変わるのは無理かな?と感じました、、、

チームの変革は、下級生に任せますか??

男はね、惜しまれて去って行くのが


男前!!

中途半端な野球好きの中坊で終わるのか?
男前のはしくれになって惜しまれながら去るのか??



任せます!よく考えて!


一球入魂 他念無し

小さな歴史でも良い! 名前の残る男になれ!!


一球入魂 無他念 反省と前進

 週末はお疲れ様!

週末で成長できましたか? 週末の神戸西がお前達にとって ” 充実した時間 ” であれば監督も満足です!

人間、満足できる時間や空間が大人になればなるほど無くなって来ます。今の瞬間瞬間を大切にして何事も全力で取り組む事で ” 満足感 ” が得られるのだと監督は思います。やるのはお前達です! 周りの大人は皆、一生懸命に、そして愛情一杯にお前達の活動のために頭を使い、心を痛め、汗を流していると監督は思います。

もう一度、念を押しますが 「 神戸西 」 は皆、ファミリーです!!! 苦しいときも楽しいときも、うれしいとき、そして悲しいときも皆で支えあい、励ましあって最後は抱き合ってチームを去っていくチームです。監督は、そんな 「 神戸西 」 が大好きです! この風土だけは監督が監督をやらせてもらっているうちは守って行きたいと思います。 「 神戸西 」のOBの結束の固さは、 ” 厳しく ” ” 辛く ” そして監督も徹底的に選手には厳しく接し、一人減り、二人減り、して行くなかで選手、父母一丸となって励ましあって来たからだと思います。もっと熱く野球に取り組み、もっと熱く人のことを好きになる努力をして、そして神戸西を熱いチームにする原動力になる気持ちが欲しいのですよ!

原動力はお前達ではなく ”” お前 ”” です! 

もっとチームや仲間に ”” 思いやり ”” がないとより良い人生になりません!昨日もお話しましたが人間全ての所作は ””” 鏡 ””” であることを絶対に忘れず物事に一生懸命打ち込みなさい! まだまだ、努力が足りん! 何を考えてるのか!!! 何となく野球をするのであれば 「 神戸西 」 でなくともよかったでしょ! 今から ”” 変わる ”” 最大限の努力をしなさい!!



一球入魂 無他念


努力の天才になれ!!!


一球入魂 無他念 自分を出す!

週末はお疲れ様!

連日のオープン戦でしたが、収穫はありましたでしょうか?

ミーティングでもお話ししましたが、もっとグランドで感情が出てこないと良いプレーヤーにはならないと思います。
自分のイメージしている状況やその時々の思いがもっとストレートに出せないと前へ向かって行く糧となる ? 悔しさ?や?成功体験?に毎日の生活が活かされて来ないと思います。

うれしさや悔しさをしっかり感じられる人間になって欲しいと監督は思います。
それが、自然と出るようになるまでしっかりと練習し目標を明確にしなさい。
そうすれば、時間を掛けて目標達成のために費やした時間に対して感情が自然と出てくると思います。


まだまだ、想いが足らないのではありませんか?塾や学校で先生方に教えてもらっているのではありません。

お前達の意思でボールを投げ、それを打ち、そして捕って自分で考えて投げるんでしょ!?
全てお前達が行動を起こさないと始まらないのですよ!!

監督やコーチ、ご両親や周りの人々はお前達に野球の上達とイキイキとした生活を望んでいるだけです!
自分自身の足で立ち、歩み
自分自身で考えて物事をやり遂げるのです!

さあ、今日からグランドで自分自身を精一杯見せられる思い切りの良いエネルギー溢れるプレー振りに期待します!!!


一球入魂 他念無し

快打洗心!!!




一球入魂 無他念 人磨き??

 週末はお疲れ様

また、無事予選を通過しましたが非常に不満の残る内容で到底
我々が目指すチームとは程遠い内容、結果となりました。
お前達の野球は、ここがゴールではありません!
どんな目標があり、何の目的で 「 神戸西 」 に入部したのですか???

”” 少年野球ノリ!? ”” なチームに成り下がってはいませんか?????

学芸会ではありません!! 舞台の上の我が子を見て ” ウルウル ” 来ているチーム
になってはいませんか?
大人のためのお前達ではありません! 自分の道を自分の足でしっかりと歩いて行く準備を
「 神戸西 」 でしているのです!
まだまだ未熟なお前達ですが、監督は野球を通じて ” 人の繊細さ ” を身に付けて欲しいのです。
昨今は、野球もアメリカンスタイルになって来ています。それには対応して世界レベルで通用
する選手の育成も非常に大切だとは思いますし、目指すところでもあります。
しかしながら、小さなことを ” ないがしろ ” にして大きな体に筋力をつけ個人技で
野球をするのみ・・・・・

         何か、人生を支えることに野球が ” 役に立ち ” ますか??

体を大きくして、筋力、スピードを付け個人技を磨いていくのは、 「 神戸西 」 でも
取り組んでいる最重要な項目に変わりありません!!!
その取り組み方や雰囲気、そしてそれによって失うもっと大切な事があってはならない!!!
ということを言いたいのです!!

忘れていませんか?? ” 目配り ” ” 気配り ” そして ” 心配り ” ・・・・・

昨日のミーティングでもお話ししましたが、 失敗したり上手く行かなかった時には
いつも上を向いて ” 前進あるのみ ! ” でも、人は上手く行った時の方が生き方が
難しいのですよ!! ” しっかり足元を見て ” そして、頭を垂れ謙虚に!!!

これを忘れていくら野球に取り組んでもお前達が野球が上手になれば上手になる程

                ””” お前達の人生は不幸になります ”””

今一度、 ” 人としての力 ” を付ける修行をしなさい。そうすればすべてが変わってきます!

来週あたりから三年生も高校への入寮が始まりますね! 監督も少し寂しくなりますが、
今の後輩諸君や体験生への諸君への接し方を見る限り 「 神戸西 」 に入部して

                         ””” 成功 ”””

したように感じます。昨日のミーティングでお話しした通り! ” 自分の人間性 ” を
信じて ” 強く ” ”逞しく ” ” そして優しく ” 男気溢れる高校三年間にして下さい!
そのために 「 神戸西 」 でしっかりと修行したはずです!
忘れそうになったら、いつでも監督の元へお帰りなさい! またスキンシップをしましょう!!!

ひとつ言葉を送ります・・・

人は、チャレンジするから失敗をするのです。何もしなければ失敗はしません。
チャレンジするから成功という言葉を使えるのです。成功はチャレンジする事でしか
できません。王さんも長嶋さんも総理大臣も大統領も皆失敗して成長し、

                     ””” 失敗を成功のもと ”””

にされたと思います。監督も毎日失敗ばかりしているダメな人間ですが、
監督はどんな失敗をしても ” 人磨き ” だと思って ” 前進 ” しているつもりです!
それも皆、お前達のお蔭なのですよ・・・神戸西がより良いチームへ、そして名門へと
進んでいくためには相応しい ” 長 ” が必要です。監督はそれに相応しい人に成長
したいのです。
OB諸君や巣立っていく三年生も、いつも監督と共に成長するために 

                          ”  男磨き ”

                                  を続けて行って欲しく思います!


一球入魂 他念無し

今日と同じ昨日なし、今日と同じ明日もない

いつも、明日のための今日・・・
来月のための今月・・・
来年のための今年・・・

となります様に・・・・・


一球入魂 無他念 教材

いつもお話ししている野球の基本を
やはり一流選手の諸君は、実践しています。
よく見て参考にし、トライしてみて下さい。

リストの使い方は、日曜日に再確認しましたね!
また、捕球体勢は口酸っぱくお話しさせてもらっていると思います。

それでは、週末期待しています^_^




一球入魂 無他念 これからの神戸西も・・・

週末はお疲れ様!

静岡遠征に参加した諸君は、今後の肥やしになるものが見つかりましたか?
また、居残りの諸君は 「 タフ チョイス 」 できましたか?

静岡遠征に参加した諸君は、神戸西らしい取り組みの出来ていない諸君も目に付きました。
特に一年生は、覇気を全く感じません、、、もうすぐ下級生が入部してくるので、しっかりやるように促していますが少々強い力が必要かもしれません、、

少しの気付きで簡単に改まる事ですが、イヤな思いをしてからするのか?よく考えみて下さい。少々失礼かもしれませんが、「 神戸西 」 は学校では、ありませんので、チームのルールやポリシーから外れた時は、厳しく接して行きます。
覚悟しておいて下さい。



今日は、「 神戸西 」 に入部した動機は色々とあるでしょうが、入部を決意した時の気持ち
を思い出しながら監督の話に耳を傾けてみて下さい!

先日、現役の選手で少々困っている事を抱えている選手に対して監督も
「 どうすれば、解決できるのか? 」 を思案していました。
そんな時に、浮かんだのがOBの一人の顔でした・・・・・
ですが、そのOBは野球から離れており、会うのも年に一回、また、国立大学に在籍中で
「 さぞ忙しいのでは?? 」 と少し悩みましたが、電話をしてみました・・・・・

「 おい! 今の三年生で困っている奴がいるんだ 」 内容を説明して
「 力、借してやってくれんか? 」 と言うと、即答で 「 出来ることは何でもさせて頂きます! 」
と言ってくれました。

この結果が上手く行くのか?行かないのか? 監督にもわかりません・・・


でも、最後まであきらめず ” 粘り ” と ” 根性 ” で食らいついて行く 「 神戸西 」 での
学びをOBが理解してくれたからこそ、また、そこで修行している後輩諸君の苦労も想像がついた
からこそ

                      ” ふたつ返事 ” 

                                で引き受けてくれたんだと思います。

お前達は、このように素晴らしい先輩諸氏が築き上げて来た 「 神戸西 」 というチームに
所属しています。
お前達にも責任があります。今月には卒部式も控えています。晴れてOBになって行きます。

                     ” 自分だけ良ければ良い ” 

を監督が嫌うのは皆も理解していると思いますが、 「 神戸西ファミリー 」 は
” ファミリーが一丸 ” となって、苦しんでいる奴、困っている奴を互いに助け合いできるところが
「 神戸西 」 の最も良いところで監督の大好きなところでもあります。

いつも言いますが ” 川の流れのように ” 先輩諸君は下級生を励まし、手を差し伸べて
上げ、それを続けて下さい! 

世の中には自分都合で ” 人の事は面倒くさい ” ” 俺も忙しい ” という理由で
 ” 人の手助けを出来る ”  ” 男 ” は大変少なくなってきていると思います。

お前達は、 ” 人の困り事 ” を ” 自分の困り事 ” と考えて、いつも ” 優しさ溢れる ”
                  
                    ””” 男前 ””” 

                             に成長して下さい!!!

今年、卒部する諸君も一緒、そして、来年、再来年、その次の年に卒部する諸君も皆一緒!

後輩達には、 「 神戸西 」 での学びを生かして是非

                           ””” 男気 ””” 

                                         見せて上げて下さい!!

一球入魂 他念無し

「 神戸西 」 の歴史は着々と素晴らしいものとなって来ています・・・
そこに参加できている喜びを感謝に変えて一生懸命に物事に取り組むこと!!!



追伸
最近、必然か偶然かは、わかりませんが、OB諸君と交わる機会がちょくちょく出て来ました。
これも、お前達が大人になって行ってるという証拠だと思います。
神戸西のOB諸君は、良い事も上手く行っていない事も監督に話してくれ、相談もしてくれます。
そんなお前達の期待に応えたい一心で監督もまた、成長できています。本当にありがとう・・・・・
人間、頑張るから失敗もします。頑張らない奴は、失敗のしようもありません。
怠けている奴が上手く行かないのは、

                ” 失敗 ” ではなく ” 必然 ” です。

OB諸君も努力、精進して、たくさん ””” 失敗 ””” して下さい! そのたびに成長できます!!

監督もお前達の力になれるよう、もっともっと修行して行きます!!!

それでは、年末年始に会えること
また、一緒に新年を迎えられるのを楽しみにしています・・・・・

それでは、風邪などひかない様に元気にお会いしましょう・・・・・

一球入魂 無他念 心一つに・・・

週末はお疲れ様

 

さて今日は、選抜を2週間後に控え。また新しい仲間もぞくぞくと増えていく中で

「神戸西」の良いところに、さらに磨きをかけるため少々小言を言わせて下さい。

 

挑戦の志と目標が高ければ高いほど、心遣いとおもいやり、敬意と素直に聞くことと感謝が求められます。

これらのことに無意識でいると「心一つ」になれません!
 いつも感謝の心を忘れず。感謝すべき事に対しても、「当たり前」と思ってしまってはなりません。

支援は、「あって当たり前」「やってくれて当たり前」。そして周囲の人の行動は「できて当たり前」になっていませんか?
 できない相手には「なんでできないの?」と敬意ではなく「軽蔑」を向けていませんか?

話を聴いてあげるべき相手に「無視」になっていませんか?
 

仲間やチームに配慮すべき時に、自分のことばかり主張して「我がまま」になっていませんか?

仲間の失敗におもいやりをかけるべき時に「心の狭い」対応になっていませんか?

チームがこんな状態になってしまうと「神戸西」の“挑戦”はいつのまにか“挑戦”ではなく「わがまま集団」になってしまいます。

・周囲の人を大切にしよう
・人の話をきちんと聴こう
・勝っても負けてもありがとう
・失敗から学んで挑戦しよう
・失敗したら自分に厳しく「ごめん」!人に温かく「ドンマイ」!
・送球するときは相手の立場で「おもいやり」

心の状態はパフォーマンスに比例します!

緊張、不安、焦り、恐怖に包まれているチームは勝てません。

結果を出す選手、チームは、いつも自分の心と向き合って準備しています。

 

いつも、周りの対する“心配り”や“おもいやり”を忘れず!

そして“厳しく”“激しく”取り組むことで本当の

“明るさ”が生まれます!!!

 

 

一球入魂 他念無し 「神戸西」は“心一つ”にして “日本一の取り組みを!!”

 


一球入魂 無他念 終わりは始まり・・・

 週末はお疲れ様

また、ご父兄に於かれましても美味しい炊き出しありがとうございます。

今日は、昨日の卒部式にお招き頂いて一つの終わりが来ましたね。
しかし、いつもお話ししているように"終わりは始まり”です!
人は生きている限り「終わり」などありません!!

      一区切りついたらまた"初心に帰る”こと!

そして前進あるのみ・・・ ”初心に帰る”と一口に言いますが監督は
”初心に帰る”とは・・・


元気やエネルギーを出すためには、なにが必要か?
監督は一番に「願いや目的」が必要と思っています。
自分が願う事は何か?目的は?これが見えないときは、地図を
持たず砂漠を歩くみたいで、不安やあせり、恐怖が忍び寄ってきます。
しかし、願いや目的がハッキリしているとき、目は輝き、
心はいきいきエネルギーを放ちます。
しかし、それが大きい願いなら、必ず壁が来る。
そのとき、あきらめてしまったり、願いが変わったりすると、成就しなくなります。
だから願いが叶うというのは、壁が来ても願いを忘れずに、また変更せずに、
努力し続けることで叶うのではないかと思います。
ポジティブシンキングだけで願いは成就しません。

はじめは皆、うまくなりたいと願いますが、途中であきらめたり
少し良くなると「のどもと過ぎれば・・・」

勉強でも野球でもなんでも願いと目的を明確にすることから始めるとよい。
またいつでもそれを確認する。

            つまり「初心に帰る」。

       「初心に帰る」とは「願いに帰る」と同じ!!

一球入魂 他念無し  夢の続きを見て、叶えるためいつも

            初心に帰ること!!


追伸:  三年生ありがとう!!三年間楽しかったで!!!
        
      君らは間違いなく日本一苦労した!
      野球の神様はいつも君達の味方!!  

これからも、自信を持って 全速前進 神戸西は前進あるのみ!!

一球入魂無他念 と 感謝の気持ち

 

週末はお疲れ様 !!



  また、遠征先でのお取り計らいご父兄にはいつもながら感謝致します。



 監督の目から見てまだまだ「一生懸命さ」に欠けている選手諸君がいますね!非常に残念なことです。アマチュア野球のよい所はいつも「全力」で「積極的」にプレーするところにあります。私の言うところの「声」を例に出してご説明しましょう。

意味の無い掛け声は必要なし!大きな声でチームメートを励ますこと。すなわち仲間を「鼓舞」することが野球に於ける「友情」です!また、自分自身も「大きな声」を出す事で「緊張感」から開放されます!そしてチーム全体の「盛り上がり」となってよい結果をもたらすことが多くなります。

あなた達が一生懸命 野球に打ち込むことは御両親に対する「感謝」の気持ちを表す一番の行動です。大好きな野球をさせて貰っている事に感謝していたら「一生懸命」プレーしないと「バチ」が当たります。ここで「感謝」の意味について昔私が読んだ本で記憶に残っている部分引用しながらご説明したいと思います。

 

感謝の語源の由来は中国にあり、中国の“ありがとう”が「謝謝(シェー、シェー)」と事かららしい。「謝りたいほど、申し訳なくありがたい」ということだそうです。

 一人の人間として、初めて出会った親のありがたさ、何の力も持たずに生まれてくる赤ちゃんを深い愛情で守り育ててくれたお母さんに感謝し、またそれを支えるお父さんにまた感謝して一人では生きてこられなかった自分を、そして多くの友や周りの方々、つまり他人によって支えられていることにも「謝りたいほど、申し訳なくありがたい」{作者不明}と言う意味だそうです。

 



“一球入魂無他念” 集中して一生懸命 そして “粘り強く” やり抜く事が御両親に対する「謝辞」(感謝している気持ちを表すこと)です。

 一瞬一生 毎日 気を抜かず がんばれ!!

 


1

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 一球入魂 無他念 コツコツやる事の大切さ!!
    前橋&#127800;富澤
  • 一球入魂 無他念  初心に帰る・・・・
  • 一球入魂 無他念  初心に帰る・・・・
    ARROWS−T

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM